しごと、みらい・・・晴れ。\(^0^)/
career.exblog.jp

『働く若者ネット相談事業』( http://net.j-cda.org/ )に所属するキャリアカウンセラーが交代で気になるニュースや自分の仕事経験、趣味について語るブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク集
働く若者ネット相談事業
仕事の悩みはいろいろ。
あなたの未来を見つけるためにキャリア・カウンセラーがいつでも、どこでも、サポートします。

職場ストレス診断
血液型・色彩診断でみた、あなたの職場ストレスの原因を診断

人気blogランキング(転職・キャリア)

<<自己紹介>>

ミポリン
masa
れい
ガンバ
hase
ピーチフェズ
かよ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「夢を諦める」か、「夢は見るだけで実現する」と思っている若者へ!

「夢を諦める」か、「夢は見るだけで実現する」と思っている若者へ!
「仕事に個性・創造性なんか要らない」「夢は必ず実現しない」と説く大人へ!

★10数年前の教え子から、夢だったインテリア・コーディネータの資格試験に合格したというメールが入った。これは「あ、よかったね」と済ませる話ではない。その学生は短大の英文科であったが、どうしてもそれになりたいのだと言った。

★ボクはとっぴな夢だなと思いながらも、彼女がそれを目指せばそれになれなかっても何かになるだろうと思い励ました、という記憶がある。

★それから彼女は、その仕事につながりそうな住宅会社、建築会社の就職試験を受けていくつかパスしたのだが、面接でその道が開かれているかどうかを確認した。
ところがどれもこれもダメかあいまいであったようだ。

★そこで彼女は家の近くの中小の建売りメーカーに飛び込んで自分を売り込んだのである。するとそこの役員がビックリして言うには、「うちにはそんな気の利いたものをおくとは考えてもいなかったが、「君がこの会社でその資格をとるというのならとってもよいよ」ととにかく彼女に会社に入ってはもらいたかったようだ。

★彼女の夢はこの行動によって志となった。陽明学の知行合一とはこのことだ。陽明学を学んだ吉田松陰も三島由紀夫も夢と言葉と行動が一体で志となったのは彼女と同じだ。
でもそれからがたいへんだった。

★家が売れなければ会社が潰れるといわれ、彼女はいやだったセールスマンとなった。
インテリア・コーディネーターどころではなかった。しかし、彼女は災い転じてそのときに会社の正社員ではいなかった「宅地建物取引主任者」の資格をとってしまうのである。この時点で彼女は会社でなくてはならない人、かけがいのない人となった。
★そして何年かして、時間を生み出しインテリア・コーディネーター要請の夜間のスクールに通う。ここでも普通と変わっているのは、そこは資格取得を目標としているところでなかった。そんな事は自分で勉強しなさい、そのかわり実力だけはつけてあげようというわけだ。

★かくして彼女は資格がないまま、一級建築士の助手として内装の方の設計をするようになる。
しかも会社は、彼女をクリエーターとするショールームまでつくることになりバブル後倒産続出の建設業界にあって、単なる建売会社から脱皮して素晴らしい内装オリジナルを提案する住宅メーカーとなった。
蝶々の羽ばたきが、大風となった。
ここで、おそらく彼女にOLの何倍かの報酬をはらうことにならなかったら会社の賃金戦略はお粗末だし、彼女の方もお人よしといわれても仕方がない。

★そして、かなりの広域で彼女の名前とセンスは有名となりコーディネーターの資格なしで内装レイアウトの指名の委託もあるという。もちろんこの場合は医師免許と違ってそれは可能で、会社を通してのことではあるが。

★そして何度目かの挑戦で資格を手にしたのである。これこそ名実ともにだ。この花は泥と汗によって咲いた蓮の花だ。彼女の個性や創造性は、現実の厳しい状況の中で(おそらくセクハラやパワハラまがいもあったろう、努力に報いのない事もあったろう、提案やアイデアが何度も売れなかったり、ボツになったろう)磨り減るどころかますます磨きがかかった。事上磨錬というやつだ。

★このストーリーは、「好きなだけで努力なく稼ごう」「夢は見るだけで実現する」「夢をすぐあきらめる」「環境と大人がよくない」というプータローな若者、「仕事に個性など要らない」「夢は必ず実現しない」「仕事は生活の手段意外なにものでもない」「理想を追うよりも現実に立ち向かえ」という時代遅れかかいしょなしの大人たちの誤りを衝いている。

★このストーリーは例外であるのか、その他の若者の意志が弱いだけなのかどちらかだ。


by ガンバ
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-03-14 15:59 | ガンバ
春が来た…!
春ですね。
花粉症の季節ですね。
私もこの時期、鼻炎スプレーと鼻炎カプセルが欠かせません。
薬をのむと私を襲ってくるのが…そう、睡魔。
春眠暁を覚えずとはよく言ったものです。

この時期、それでも鼻水がとまらずに困ることが多々あります。
私の電話オペレータ時代には、よくティッシュで鼻を押さえながら電話を受けることもしばしば。
まあ、その辺はプロですので、黒○徹子のモノまねにならないように微妙に調節しながら話すわけですが…。
電話のこちら側の様子など、とても向こう側でしゃべっている方にはお見せできません。
百年の恋も冷めてしまいます。

それでも、春です。
通勤途中で満開の梅を見かけると、ほっとします。
もう少ししたら桜の開花情報も聞けるでしょう。
花粉症なんかに負けないで、春を楽しむぞ。


by ミポリン
働く若者ネット相談事業


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-03-07 10:28 | ミポリン
災い転じて金となす
「銀ではダメですか…?」
1992年アルベールビル五輪で伊藤みどり選手が女子フィギュアスケートの種目で、金メダルを期待されながら銀で終わった時から、14年の歳月が流れた。今でこそ女子選手が五輪史上初のトリプルアクセルを決めた大会として取り上げられることが多いが、この時のメディアの落胆振りに肩を落とした伊藤選手の姿は痛々しかった。

この苦い教訓を活かして日本スケート連盟は考えた。確かに五輪でのメダルの期待をひとりの選手に背負わせるにはあまりにも重圧がありすぎる。将来に向けて複数の選手がメダル候補にあがるような環境を整えなくては、と。そして「野辺山合宿」と呼ばれる優秀な選手の強化制度ができあがった。若い選手のうちから組織をあげて世界に対抗できる選手を育てようというのである。

荒川静香選手はその1期生である。1998年の長野オリンピックでは13位と振るわなかったが、今回のトリノ五輪はまさに満を持して挑んだ大会であったと思う。その結果、金メダル。結果についていえば、金メダル候補の外国人選手の不調にも助けられたかもしれない。しかし、あの余裕の笑顔で氷上を舞った荒川選手は無敵に見えた。まさにトリノ五輪の女神に祝福されたような美しさだった。

現代社会においても、即戦力となる社員を採用する企業が多い中、社員を育てるという考え方について見直されつつある。すぐには芽が出ないにしても、じっくり育てて金メダル級の従業員を育てよう、という企業が増えれば日本の未来はさらに明るいかもしれない。

by ミポリン
働く若者ネット相談事業


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-03-01 12:01 | ミポリン
手作りマーマレード
先日、親戚の実家に八朔をとりに行ってきました。
その八朔は、親戚が30年前に引っ越してきたときに植えたもの。
その親戚は、大学の教授をしており、専門は微生物。
生ごみは全てコンポストで処理され、庭木の肥料に。
その為、八朔は豊作、更に農薬を使ってないので安全です。

あまりにたくさん貰ってきたので、職場に持ってくると皆喜んでくれました。
更に、皮にワックスや農薬がかかってないからマーマレードにするとよいと言われ
自宅で、マーマレードを作成してしまいました。
レシピはネットで検索。
皮3個分。身2個分。
上記の容量の2分の1ぐらいの砂糖を1リットルの水の中にいれ。
ひたすら煮込みます。
結局3時間ぐらいかかってしまいましたが美味しく出来上がりました。

出来上がったものを職場で試食。
事務局のIさんも作成してきたので、その2つをNさん購入のパンに載せて
頂きました。
どちらも美味しかったです。

今回、作成して気付いたのは、普段何気なく食べているマーマレードに
これだけの砂糖が使われているということ。
ただ食べていては分からない、実際に作ったからこそ、知ることが出来たのではないかと思います。
仕事選びも同様に、外から見て分からないことを体験して知ることが大切かもしれません。
インターンシップやOBOG訪問など、なるべく現場に近いところでリサーチすると本当のところが見えてくるのではないでしょうか。
それでも分からず躊躇したとき、時には思い切って飛び込むのもよいかもしれませんよ。

by masa
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-02-21 16:46 | masa
人生観を転換せよ! その2 汝の車を星につなげ!
■ この人生観の転換によって、「何のために生きるのか?」と言うのが180度変わった。「人生の目的?そんな難しいことなんか考えなくても生きられるよ」「そんなことなんか考えなくても結構楽しいよ」というバカがいたらお目にかかりたい。犬や猫でもそういう風にいうことができるではありませんか。

■ 目的を持つことによってそのための方法と成果が生まれる。私も地位とお金という目的があったからその時期お金を稼ぐことができた。それは全くこんなにくれていいのかと思うくらいだった。しかしその同じ目的のために四面楚歌になって自分を生かすことができず、自己実現も人間関係もガタガタとなって、健康まで損ない命まで危うくなったのである。全く目的があってもそれが間違ったままなら生きられない。

■ 転換した私の新しい人生の目的は「自分を生きる」「自分らしく生きる」ということだった。目的が変わると生き方が変わった。つまり自分らしく生きるために、上司にムリに取り入ったり、同僚を蹴落とす必要はなくなった。そうすると自然に人間関係の持ち方が劇的に変わった。

■会社のヤングとレディ、得意先の夫人たちと話が通じただけでなく、家庭を顧みずひとつも人の話を聞かないという妻、何でも押しつける頑固オヤジという息子、ダサいのでいっしょに歩けないという娘に近づくことができた。
そのころ、息子と初めて富士山に登ったのだが、頂上でふたり寝転びながら、満天の星を仰ぎ「汝の車を星につなげ!」とつぶやけば息子ガ「うん」とこたえたものだった。
娘に連れられてNHKホールにオペラを見に行った時、テレビ・カメラとマイクを向けられたのもそのころだった。

■45年間泳げなかったのにスィミングスクールで、クロールも平泳ぎも背泳ぎも1日で泳げた時、「できないのはやらないだけだ」と思えたのはわれながらムリもない。
カラオケ教室で、シンコペーションやこぶし回しを習いながら「基本が大事、個性がだいじ」と思えたことも。そして下手なままであまりの気分の出し方に満場をシーンとさせたことも。
奴さん教室で「人生は演技だ!」と気づき、小説創作教室で自分の心の中が鉛筆の芯となって引き出され、生き方そのものをペンとして人生を創作することも・・・。

■酒も最初の一杯を呑み干さない。空っぽにして注いでもらう呑み方から、注いでもらう時にちょっと呑む呑み方への転換。そして、水割りと焼酎に切り替わる時間からあと呑みすぎたら、これは付き合いというよりは好きで呑む、酒に呑まれていると考えた。

■ 人生に目的はいらない、目的を変えても生き方が変わらないという人の気持ちがわからない。しかしそのころまでの私はそうだった。(つづく)


■ 就職・転職・適性・人間関係・自己実現・・・仕事のことなら何でも、この「ガンバ」が共に悩み共に考える次のURLへ気安くどうぞ
 働く若者ネット相談事業


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-02-14 18:48 | ガンバ
プロの仕事
先日、用事があって千葉へ行った。

私は昔からジンクスがあり、千葉方面にいくと、とんでもない電車の乗り間違えを
してしまうのだ。東京方面から幕張に向かうはずなのに、電車が止まったのは
はるか先の「蘇我駅」だったり(通勤特急で幕張に止まらないなんて知るか!)、
あるいは、同じく幕張に行きたくて、東京から千葉方面にむかっているはずが、
いつのまにか「武蔵野線」に乗ってたり・・・。(何で勝手に行き先を変えるんですか!)
(って、ほんとは、間違えた私が悪い、全て・・・)

で、先日、千葉駅で乗り換えをすることになっていた。「都賀」という駅に行きたかったのだ。
でも、千葉の駅に降り立ったのは、実はそれが初めて。
「ええっと・・・、都賀、都賀・・・、たしか総武線にのるんだよなー・・・と」と思いながらも、
ホームの反対側に止まっていたローカル線らしき電車に飛び乗った。
「よーわからんけど、これでいいんだよなー・・・」

でも、待てよ!なんたって、私は千葉オンチなのだ。前にもさんざん痛い目にあってる。
その、飛び乗った電車の中をきょろきょろして、この電車が「都賀」に行くのかどうか
なんとか確かめる術はないかと探した。

でも、どこにも、何にもサインはない。停車駅の情報や路線図なども何もない。
しかも、その電車が何線なのかも確かめず飛び乗っている。
待てよ~~、これはヤバイかも~?

約束の時間があるのだ。遅れるわけにはいかない。あわてて飛び降りた。
電車がいきなり走り出して、蘇我まで連れて行かれてはたまらない!

でも、ホームに下りてみても、どこにも情報がない。必死の思いで、きょろきょろ
きょろきょろ、そうとうに挙動不審の人だったはずだ。

「おー、のー、どうすりゃいいのー?」と思った瞬間、目にとまった。
駅員さんがいるではないか、すぐ先ところに。主人を見つけた犬のように、
その駅員さんに駆け寄って「すいません。総武線はどこで乗ったらいいんですか?」

するとその駅員さん、ちろっとこっちを見やって「このねーさん、何焦ってんだー?」
というような顔をし、「どこまで行くんですか?」と訊いてきた。「都賀なんですけど」
「ああ、都賀ね。それだと成田線でいけるから、今の時間だと9番線から9:33がありますね」
と、間髪入れずに条件反射のように答えた。

その駅員さんは、分厚くて重そうな、駅員さん専用の運行計画書のようなファイルを
小脇に抱えていたが、それを見ることもなく、瞬時に私の質問に答えてきた。
「すごーい!間髪入れずに答えてるよー、この人・・・。そりゃ駅員さんだけどさ、
多分、毎日ここで働いているんだろうけどさ、でも、こんなに大きな駅で、
ホームもいくつもあるってのに、電車の本数だって半端じゃないはずなのに、
駅の名前と何線かと、出発時刻まで全部暗記してんだろうか?!」

どんなカラクリで、その駅員さんが瞬時に答えられたのかは知らない。
でもな、あれだけ即座に答えられるっていうのは、やっぱり普通じゃない。
自分の仕事に誇りとやりがいを持ってるんだろうな、この人はきっと。
「む、こやつ、できるな!」である。まさに「プロの仕事」を見せてもらったよ、おじさん。

そのおじさんに、おもむろに礼を言い、ホームの階段を駆け下りて、となりのホームへ
走っていって、9番線の電車に飛び乗ったことは、言うまでもない・・・・ (-_-;)

by 海
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-01-23 23:48 |
THE有頂天ホテル
今日は仕事が終わるとダッシュで映画館へ。
それは、待ちに待った三谷幸喜監督の『THE有頂天ホテル』が公開されたからです。

若干遅れての到着で、始まってから10分ほど経過してしまったのですが
期待通りの内容で笑いの連続で最高でした。
しかし、職業柄かどうしてもキャリアという面で観てしまうのですが
その面でも大変よい映画だったと思います。

ネタバレになってしまうので、詳しい内容は書けませんが
人からどうみられようと自分のやりたいことをやればよい。
年齢が云々ではなく、自分がやれると信じられるのであればやったらいい。
かつて目指していた道でなくても、今自分が誇りをもっているのであれば胸をはればいい。
そういうメッセージが伝わって来ました。
終盤になるにつれ、やりたいことをやる楽しさが。

なかなかうまくいかず落ち込んでいる人、今の自分に自信が持てなくて悩んでいる人に
是非観てもらいたいと思います。
お勧めの映画です!
by masa
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-01-15 23:46 | masa
郷ひろみのキャリアの積み方
ちょうど1ヶ月前の今日、2005年12月9日に、郷ひろみのコンサートに行ってきた。

言っておくが、私は別に特別、郷ひろみのファンということではない。
だから、贔屓目ではなく、あくまで客観的にこれを書いている。

親友が郷ひろみの昔っからのファンで、これまで何回かコンサートには行ったことがあるが、
今回は、マジ、驚いた。何が驚いたって、彼の「声」「歌唱力」に・・・である。

今年51歳になろうという人で、彼がアイドルと呼ばれていたのは、はるか昔。
「働く若者」は、もしかして、「え?郷ひろみ?よく知らなーい」なのかもしれない。
あるいは、知ってても、せいぜい「アーチチ、アチ」の人?くらいか?!

郷ひろみと言えば、記憶に残るヒット曲はたくさんあるけれど、で、別に歌が下手とまでは
いかないけれど、あの独特の「平たい声」と歌い方から、彼が歌唱力がある、
あるいは声が良い歌手だと言う人は、あまり多くなかったはず・・・・。

それが、である・・・、とにかく驚くほどの美しく、伸びがあって、曇りがない声なのだ。
声量もかなりのものだし、アイドルデビューした若い頃の「君たち男の子、ゴーゴー!」って
歌ってた頃の声とは別人の声なのだ。(これは生で聴かないとわかんないだろうけど)

なぜかというと、彼はこの3年間、ニューヨークで有名なボイストレーナーについて
ボイストレーニングをしていたとのこと。だからこの3年間、ほとんどTVには出なかった。
(たまに見かけた「高須クリニック」のCMくらいだ!)

芸能界という人気商売で3年間もTVから遠ざかる、というのは結構冒険ではないか?
しかし、彼はそんな目先の利益にはとらわれず、3年という月日を、ひたすら「歌」
「本物の歌手」になるため、自分に投資をした。そして、結果、素晴らしい声と歌唱力を
手に入れた。50歳もの年齢をものともせず。

これは、決して気まぐれでそうしたのでも、誰かにそうしたほうがいいと言われて
やったのでもないそうだ。彼は、若い頃から、常に自分の将来を考え、キャリアプランを
練ってきた人だった。

30歳になったら、40歳になったら、50歳になったら・・・「こういう自分でありたい」と
早くから目標を立て、それに向かってやるべきことを、計画を立ててやる。
そういう人なのだ。

目標を決めたり、計画を立てたりすることは、まあ何とかやれるものだが、それを
継続して予定通り(あるいは予定は柔軟に変えてでも)その目標をきちんと達成
し続けることは容易ではない。でも、HiromiGoは見事にそれをやり続けている。

彼の声、彼の歌は「心に沁みた」・・・。すごいよなー。
「ひろみさん、凄すぎー!」と、親友と共に2階席の一番前から叫んできた(笑)!
また、コンサートに行きたいな。そして、私もキャリアの積み方は、見習いたいものだと
つくづく思う1日だった。


by 海
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-01-09 10:00 |
日本語ブーム?!
海外で日本語がちょっとブームなのだそうだ。

1つの理由は「マンガ・アニメ」が海外に広がったこと。そう言えば、確かにDoraemonや
Pokemonはアメリカ、ヨーロッパ、アジアの様々な国々で人気だって聞いたなぁ。。。

2003年の海外の日本語学習者数は235万人だそうな。(国際交流基金のデータによる)
15年間で3.2倍になったとのこと。

でも、これだけの人数となれば、マンガ・アニメだけのおかげではないだろう。
アジアの国々の人にとっては、一部の国を除いて、日本はやっぱりまだ「出稼ぎに行く国」
なのだろうと思う。そのために、日本語の学習はやっぱり必要なのだろう。

去年12月に、とうとう日本は「人口減少社会」に突入したというニュースが伝えられた。
それを受けてか、今年に入っての年初のマスコミの論調は「いかに、労働力を確保し、
労働力減少を防ぐか!?」ということばかり。人口が減少するんだったら、日本はもっと
積極的に外国人労働者を受け入れるべきた!となる。(今年は、このテーマのディベートが
あちこちであるだろうなぁ・・・・)

そうなると、日本語を学ぶ人もまたどんどん増えていくということなのだろうか?

でもねぇ。。。必要に迫られて、あるいは自らの趣味で、ということかもしれないけど、
日本語なんて難しい言語を、よく学ぶ気になるよなぁ・・・

by 海
働く若者ネット相談事業

人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-01-08 10:00 |
今年のキーワード - 好機、スピード、責任
2006年1月5日付け日本経済新聞のに、企業トップの今年の経営方針から
まとめた「今年のキーワード」という記事が載った。

それが、

好機   =Chance
スピード =Speed
責任   =Responsibility

の3つのキーワードで、英語の頭文字を並べると「CSR」、最近流行りの
「企業の社会的責任」=Corporate Social Responsibility と同じになった。

こじつけと言えば、こじつけかもしれないし、それが何なの?と言われれば、
「あ、いや、別にどーということもございません」と生協の白石さんばりに
言わなければならないかもしれない。


でも、この言葉を改めて眺めてみて思った。

求職中の人には、このキーワードが意外に重要なんじゃないか?
誰だって、1年後に潰れたり、トラブルを起しそうな会社に就職したいなんて
思ったりしないはず。と、なれば、このキーワード、企業を選ぶ側にとっても
結構、キーワードにならないか?

ビジネスが伸びる「Chance」を持ってそうな会社、あるいは
自ら頑張る社員が成長する「Chance」を与えてくれそうな会社
「Speed」があり、物事の決断が早く、「Chance」を逃さない会社
企業としての責任=「Responsibility」=CSRをしっかりと意識し、実践する会社

これらのキーワードに当てはまるだけが全てではないかもしれないが、
少なくとも、今の世の中で、これらのキーワードが全く当てはまらない企業は
あんまり成長が見込めそうにないのではないだろうか。

企業を選ぶポイントは、人それぞれだし、良いも悪いもないが、これらの
キーワードも、選ぶポイントの1つとして、頭の隅においておくのも悪くないだろう。


by 海
働く若者ネット相談事業


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
# by hatawaka | 2006-01-07 10:00 |