しごと、みらい・・・晴れ。\(^0^)/
career.exblog.jp

『働く若者ネット相談事業』( http://net.j-cda.org/ )に所属するキャリアカウンセラーが交代で気になるニュースや自分の仕事経験、趣味について語るブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク集
働く若者ネット相談事業
仕事の悩みはいろいろ。
あなたの未来を見つけるためにキャリア・カウンセラーがいつでも、どこでも、サポートします。

職場ストレス診断
血液型・色彩診断でみた、あなたの職場ストレスの原因を診断

人気blogランキング(転職・キャリア)

<<自己紹介>>

ミポリン
masa
れい
ガンバ
hase
ピーチフェズ
かよ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
技能伝承
火曜日の夜、
ガイアの夜明け
俺たちの技を継げ!~団塊の匠が消える日~
を観た。

この番組は、役所広司の寸劇がところどころにちりばめられていて、なかなか面白い。

今回のテーマは、『2007年問題』で日本の誇る技術を持った団塊の世代が辞めていった時に
その技術をいかに受け継いでいくかということだった。

広島・呉にある神田造船所や、マツダ、ミズノの技術伝承への取り組みを取り上げていたのだが、私は、神田造船所で分厚い鉄板を、バーナーと水を使って微妙な曲線に曲げていく仕事をしている渡橋さんに興味をもった。長年その仕事をやってきた先輩職人小池さんの指導の元、難しい部分にチャレンジするが中々思うように行かない。小池さんは、バーナーが焼く鉄板の色で温度を判断するそうだが、それをすぐに身につけることは難しい。試行錯誤が続き、夜も残業して作業を行う渡橋さん。やっと小池さんから、OKをもらったときの笑顔はとても素敵でした。さらに、その鉄板を組み上げて出来た船の進水式で、その船を見送る顔には充実感を感じました。

こういった若者が次々と続けば安心だが、応募者は少なく、やっと入った新人も直ぐ辞めてしまう。最近有効求人倍率は持ち直してきたとはいえ、ここにも求人市場のミスマッチが表れているようだ。なんとか、渡橋さんに続く技術を受け継ぐ者が現れると良いなと思う。

ミズノは、国内をあきらめ、中国にグローブ作りの人材を求めたという。ベテラン職人の寂しそうな顔は印象的だった。

今回は製造業が特集されていたが、その他の業種でも、バブル崩壊後のリストラで団塊の世代の早期希望退職や採用の抑制、正社員から派遣社員へ、といった流れで、人員構成がいびつになっている。職務範囲がしっかり規定され、マニュアルが整備されている外国企業であれば問題ないかもしれないが、日本は、ホワイトカラーの仕事も、職人技で行われていることも多い。業務マニュアルを整備したり、パッケージソフトを使って業務を標準化したり、ナレッジマネジメントに取り組んだりといった事も必要だが、若い人を正社員として採用し、先輩から後輩への仕事の「こつ」の伝承にも再び取り組んでもらいたいと思う。


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
by hatawaka | 2005-09-15 12:53 | masa