しごと、みらい・・・晴れ。\(^0^)/
career.exblog.jp

『働く若者ネット相談事業』( http://net.j-cda.org/ )に所属するキャリアカウンセラーが交代で気になるニュースや自分の仕事経験、趣味について語るブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク集
働く若者ネット相談事業
仕事の悩みはいろいろ。
あなたの未来を見つけるためにキャリア・カウンセラーがいつでも、どこでも、サポートします。

職場ストレス診断
血液型・色彩診断でみた、あなたの職場ストレスの原因を診断

人気blogランキング(転職・キャリア)

<<自己紹介>>

ミポリン
masa
れい
ガンバ
hase
ピーチフェズ
かよ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自分自身を知る
e0066009_15171041.jpg


自分自身のキャリアを考える時、まずは自分の価値観や可能性を知る事が大事です。でも、一番解らないのは自分の事かもしれません。この事を良く現す心理学の研究に【ジョハリの窓】というものがあります。ジョー・ルフトとハリー・イングラムが発案した為、二人の名前をとってこう呼ばれています。

開放領域・・・自分が知っていて、他の人も知っている領域です。
盲点領域・・・他の人が知っているのに、本人はあまり自覚していない領域です。
秘密領域・・・自分は良く知っているが、他の人は知らない領域です。つまり、他の人には見せていない自分の領域です。
未知領域・・・自分自身もまわりの人もまだ気づいていない領域です。つまり、まさに可能性がたくさん眠っている領域です。

自分の事を良く知ってくれている方と、自分の“ジョハリの窓“を作ってみましせんか!!


~手順~ Aさん・Bさん・Cさんの3人でジョハリの窓を作る場合

①A4用紙を4つに切った白紙を用意します。

②自分も含めた全員に1枚づつ配ります。

③まずはAさんをテーマにします。Aさんは“自分自身はどういう人であるか“を思いつくだけ紙に書きます。Bさん・Cさんは“Aさんはこういう人!”と思い当たる事を思いつくだけ紙に書きます。

④書き上がった紙をAさんに渡して下さい。Aさんは、Bさん・Cさんから貰った紙と、自分で記入した紙を見比べて自分の紙にも、人から貰った紙にも書いてあったものを①の窓に、自分の紙には書いていなくて、人から貰った紙には書いてあった事は②の窓に、自分の紙には書いてあって、人から貰った紙には書いていなかったものを③の窓に記入します。

⑤同じ手順を、Bさん、Cさんでも行ってください。


あなた自身のジョハリの窓が完成しました!どうですか?納得の結果だった方もいらっしゃるかもしれませんし、意外な結果だった方もいらっしゃるかもしれません。

①開放した自分の窓を、③の方向に広げることを自己開示といいます。同時に話した方から意見やアドバイス(フィードバック)をいただくことで、①開放した自分の窓が②の方向に拡がります。すると、今まで未知の自分だった可能性の部分が、認識された領域となっていきます。自分の知らなかった可能性に出会えるのです!自己開示とフィードバックによる気づきによって、可能性は大きく広がります。

by れい

↓ご相談はこちらでも受付中↓
働く若者ネット相談事業


人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
by hatawaka | 2005-11-06 15:22 | れい