しごと、みらい・・・晴れ。\(^0^)/
career.exblog.jp

『働く若者ネット相談事業』( http://net.j-cda.org/ )に所属するキャリアカウンセラーが交代で気になるニュースや自分の仕事経験、趣味について語るブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク集
働く若者ネット相談事業
仕事の悩みはいろいろ。
あなたの未来を見つけるためにキャリア・カウンセラーがいつでも、どこでも、サポートします。

職場ストレス診断
血液型・色彩診断でみた、あなたの職場ストレスの原因を診断

人気blogランキング(転職・キャリア)

<<自己紹介>>

ミポリン
masa
れい
ガンバ
hase
ピーチフェズ
かよ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
緊急着陸
たまたま休みで家にいた。そこへ飛び込んできたニュース。

アメリカのロサンジェルスで、145人を乗せた飛行機が前輪のトラブルで
緊急着陸をしようとしているという・・・。ライブニュースだ。

こういう時にインターネットとスカパーがあると便利である。早速CNNをつけた。
飛行機が映った。ぐるぐる旋回をしている。機体の下には車輪が降りていて
着陸の態勢。テレビの画面ではよく見えないが、前輪がどうも横向きになった
ままロックしてしまっているらしい。つまり、普通に着陸できない状況に
なっている。

幸いだったのは2つの後輪には問題がないこと。パイロットは冷静に、
まず上空で燃料を捨て(機体を軽くするため&爆発の危険を下げるため)、
後輪を利用しながら、とにかく緊急着陸をすることにした様子。

TVをつけてから約30分後、飛行機はまるで何事もないかのように、静かに
滑走路に近づいて降りてきた。TVの画面にくぎ付けになった。手に力が入り、
息をするのを忘れそうな緊張状態になった。

通常の着陸でもまず後輪を地面につけ、次に前輪をそっと地面につけるはずだから、
やり方は一緒だ。でも今回についてはパイロットは恐らく、耐えられる限り長く
飛行機のノーズ(頭の部分)を上げ続け、後輪だけで滑走路を走り、
出きる限りスピードを落としてから前輪を降ろしたはず。

降りた!無事だ!! でも滑走路を走る飛行機がアップになり、前輪の後ろから
白い煙が!あ、燃える!! 次の瞬間、前輪に火がついた。当然だ。ものすごい
摩擦熱が発生したはずだから。万一その火が燃料タンクに飛び移ったら、
燃料はできるだけ捨てているとは言え、機体が爆発する可能性はある。
CNNのこの映像を見ていた世界中の人が、一斉に祈ったはずだ。
火よ、消えろ!消えてくれ!と。

前輪の2つのタイヤのうち、1つが燃えきって火は消えた。そして飛行機は止まった。
TVではもちろん聞こえないが、機内で歓声があがったのは間違いないだろう。
きっと知らない人同士でも、抱き合って無事に地上に降りたことを喜びあったに
違いない。

この30分程度の間TVを見ながら、乗っている人は、今いったいどんな気持ちで
いるのだろう?と考えていた。最悪のシナリオとしては、着陸と同時に自分が
死んでしまうかもしれないのだ。

愛する人のこと、家族のこと、自分の夢、様々な思いが頭の中をよぎっただろう。
最悪の場合、自分の最後のメッセージを誰かに残したいと思ったりしたかもしれない。
そんなことを想像しながら、私が思い出していたのは

「いつ死んでもいいように暮らす」

という言葉だった。

人間、いつ死ぬかなんてわからない。これを書いている私も、書き終えて
出掛けたら、事故にあって死ぬかもしれない。でも、できれば死ぬ瞬間に
後悔を残して死にたくない。もちろん、完全に1つも後悔なく死ねるということは
ないかもしれない。何かしら心残りはあるだろう。

でも、私はできるだけこの言葉どおりに生きたいと思っている。
今日、今、この瞬間を大切にして生きるということだ。それ以外にはない。
やりたいことは完結しないまま、この世を去るかもしれない。でも、その瞬間まで
やりたいことに向かって、充実した時間を過ごしていれば、後悔は少ないはず。

今の世の中、自分のやりたいことをやりたいようにするというのは、必ずしも
簡単ではない。自分の思いとは違うことを、我慢してやって暮らしていかなければ
いけないことも多いかもしれない。それでも、できるだけ自分に正直に、
できるだけ自分の気持ちを大事にし、同時に周囲の人にも思いやりを持って、
誰かの役に立てるよう、そして周りの人に感謝して暮らす。
そんなえらそうな事をいうと、まるで宗教家みたいだが(笑)、こういう
暮らし方って、やっぱり人間として生きる基本には違いない。

あまり難しく考える必要はない。迷ったら、自分に問い掛ければよい。
「私は、今日(あるいは明日)死んでもいいように、今この瞬間を過ごしているか?」って。



人気ブログランキング(転職・キャリア)はこちら
[PR]
by hatawaka | 2005-09-23 15:49 |